未使用車.biz

未使用車とは?

まず未使用車とは、新車登録(ナンバー登録)を済ませた車で、まだ使用されていない車のことです。
分かりやすく書けば『未使用車 = 登録済みだけど未使用の車』という意味で一般的に使用されている言葉です。

 

ところが法的な自動車の分類には、新車と中古車しかありません。
ですので、新車登録済みと言うことは、既に誰かの名義で登録されていると言うことですので、厳密に言えば次のオーナーは中古車として購入することになります。

 

しかし未使用車は、その状態の良さから新車に近い中古車として、とても人気があるクルマとなっています。

 

このような未使用車がなぜ一般に販売されているのでしょうか?

 

普通に考えると少し不思議ですよね。

 

せっかく新車を購入したのに、使わないまま売ってしまう人って誰なのでしょうか?

 

未使用車が生まれる理由は、自動車業界の古い慣習が主な原因なのですが、その根底には販売台数のカウント方法にも問題があるようです。

 

車は、自動車メーカーが生産して、系列の販売店(ディーラー)が販売しています。

 

一般的にメーカーと販売店は別の会社であることが多く、メーカーは販売会社に卸し、販売会社は一般のお客さんに売って利益を出しています。

 

ですから、メーカーは販売会社が一般のお客さんに沢山売ってくれないと儲けることができません。

 

また、販売会社は全国の各都道府県に1社〜数社(メーカーにより異なる)あり、それぞれの販売会社が各都道府県内で複数の販売店を経営しています。

 

つまり、同じ看板をあげているトヨタや日産の販売店でもお隣の県では、別の会社が経営していると言うことです。

 

そして、それぞれの販売会社はメーカーから販売目標を与えられています。

 

この販売目標を達成すると、報奨金がもらえるなどメーカーから優遇してもらえるメリットがあるのです。

 

この事を逆に言えば、販売目標を達成できなければ報奨金がもらえないという事です。
ですから、販売会社としては何とかして目標が達成できるように努力するわけです。

 

しかし、すべての販売会社が簡単に目標を達成できるわけではありません。
そんな時に販売店が行うのが自社登録です。
つまり、販売台数を増やす為には、メーカーから新車を仕入れるだけではカウントされず、新車登録する事が条件となっている為、販売台数を増やす為に自社名義で新車登録を行って目標を達成するのです。

 

そして、自社登録した車を新車として売れませんので、中古車の取り扱いができる他の店舗で未使用車として販売されるのです。

未使用車を購入するには

未使用車は新車販売店には売っていませんので、一般の中古車販売店で購入しなければなりません。
また、どこの中古車販売店でも売っているわけではありませんので、効率よく見つける方法を知ってから探したほうが良いでしょう。

 

未使用車を購入する方法は、大きく分けて2つあります。

 

中古車販売店に希望を伝えて探してもらう

 

中古車販売店に知人や友人がいる方なら、希望を伝えて探してもらうのが一番探しやすい方法だと思います。
但し、目的の車が近くオークション会場で見つかる保証はありませんので、仮に遠い場所で見つかった場合には、輸送費が高くなる可能性があります。
もともと未使用車は中古車販売店にとって利益率の低い(儲けが少ない)車ですから、輸送費が高くなればその分は車両価格に上乗せされてしまいます。
また、店舗が少ない中古車販売店の場合には、出入りできるオークション会場が限られていますので、大手と比べると車が見つかるまで少し時間が必要になる可能性があります。

 

 

在庫として展示している中古車販売店を自分で探す

 

未使用車を展示している販売店が近くにあれば、実際に足を運んで車の状態を確認したり、直接営業マンに説明を受ける事も可能です。
しかし、未使用車は新車の様に受注生産されるわけではありませんので、希望の条件を満たす車が近くにある可能性は低いです。
また、近くの中古車販売店を巡るだけといっても、複数の販売店を巡るとなると移動や営業マンとの会話で、かなりの時間が浪費されます。
最近では、インターネットで中古車情報を提供しているサイトも多くありますので、まずはそこで探してみる方が時間や手間もかかりません。

未使用車を超簡単に探す方法

それではどうすれば未使用車を簡単に探す事が出来るのでしょうか?
実は、上に書いている未使用車を購入する方法を少し応用すれば、とても簡単に探すことが可能です。

 

ガリバーの未使用車ご提案サービス

 

ガリバーは全国に約450店舗あり、その全店舗で在庫を共有しているシステムになります。
つまり、九州に住んでいる人が北海道の車が欲しいと言えば、近くの店舗で購入できるのです。

 

また、ガリバーと言えば中古車買取を思い浮かべる方も多いと思いますが、買取された車が全てガリバーの店舗に並んでいる訳ではなく、自社で運営するオークション等を利用して、様々な中古車販売店にも卸売り販売されているのです。

 

ですから、ガリバーの展示場に並んでいる車が、ガリバーの在庫の全てではなく、買取された毎日約500台もの車の多くは自社で展示される事も無く、他社の中古車販売店に流通していくのです。

 

実はそんな非公開在庫を購入する事が出来る、バックオーダーシステムがガリバーにはあります
希望の車種や条件を登録するだけで、全国の在庫車両や非公開在庫、または今後買取が予定されている車の中からガリバーのスタッフが探してくれるというサービスです。

 

ガリバーでは、在庫車両にも多少の未使用車が含まれていますが、非公開在庫の中にも多くの未使用車があります
また、全国に約450店舗という強みを生かし、全国のオークション会場から未使用車を探してくれるという方法もガリバーにはあります。

 

未使用車を探す時間が無い人はもちろんですが、こだわりの1台を見つけたい人や、少ない労力で満足できる未使用車を探したいと思う方は、まずはガリバーに登録してみると良いでしょう。
また、ガリバーに登録したからといって、他で探してはいけないわけではありませんから、時間に余裕がある人なら、ガリバーに登録しつつ他のサイトでも未使用車を探せば、希望の車のイメージも膨らみやすくなりますし、効率よく探す事も可能です。

 

※登録は無料ですし、登録に契約条件などありませんので、ガリバーのスタッフが好みの車を見つけることが出来なければ、車を購入する必要はありません。
※最低限の入力項目でも登録できますが、車種や希望価格のほかに、備考欄に必ず未使用車希望と書きましょう。
※希望の車種が決まっている方は、備考欄に出来るだけ詳しく記入したほうが良いです。まだ、希望車種が決まってない場合は、軽自動車、コンパクトカー、ミニバンなど車のタイプのイメージを書くだけでも良いです。
※下取り希望のチェック項目は、車が見つかってからでも申し込み可能なので、まずは「希望しない」の方でも問題はありません。

 

 

自分だけの1台を見つけよう!『カーセンサーnet』

 

カーセンサーnetは、リクルートが運営する国内最大級の中古車情報サイトです。
掲載台数や情報量が多いですし、条件検索も優れているので、希望の車を探しやすいです。
ですから、未使用車を探すならココも外せません。

 

未使用車の探しかたは、まずメーカーや車種が決まっている場合なら、それらを指定して検索し、次に走行距離の少ない順に並び替えれば、比較的簡単に探す事が出来ます。
まだ、希望の車種を絞れていない場合は、フリーワード検索で未使用車と入力すれば、様々な車種の未使用車を見ることができます。

 

次に、希望の車種や興味のある車を見つけたら、在庫確認と見積もり依頼を出してみましょう。
名前とメールアドレスと郵便番号だけで問い合わせ可能ですので、気軽に利用可能です。

 

未使用車は、いわゆる現品限りの車となりますので、購入は早い者勝ちとなります。
どうしようかと悩む前に、在庫確認や諸費用や輸送費を含めた合計価格を確認してから検討する事をおすすめします。

 

 

未使用車専門店や軽自動車について

未使用車専門店や、軽自動車の未使用車について少し説明しておきます。

 

まず未使用車専門店とは、昨今の未使用車ブームによって生まれた、特化型の中古車販売店となります。

 

このような特化型中古車販売店は、ミニバン、四駆(クロカン)、スポーツカー(走り屋)、軽自動車、特定車種など様々な特化形態があり、未使用車専門店はその中の一つのジャンルだと思ってよいでしょう。

 

もしも身近に未使用車専門店があるのでしたら、そこのホームページなどを確認して、希望の車種が展示しているようなら実際に出向いてクルマを確認するという流れが良いと思います。

 

しかし近くに未使用車専門店が無い場合や、希望する車の在庫が無い場合は、わざわざ専門店にこだわる必要はありません。

 

 

次に軽自動車の未使用車についてです。

 

軽自動車は一般的に新車値引きが少ないクルマになります。

 

これは利益率の低さなどが関係しているようですので、もっと新車値引きを引き出そうと営業マンと交渉してみても、なかなか難しいようです。

 

未使用車の場合は、先にも説明したように販売台数を増やす目的で生まれたクルマですので、新車の値引き交渉をするよりも初めから安くなっていることが多いようです。

 

ただし、人気車種や発売間もない新型車の場合は、新車の注文から納車まで時間がかかることが多い為、新車と同じ程度の価格の未使用車も多くなりますし、生産が間に合わない程の人気車種の場合は、新車よりも高くなる場合もありますので、購入する際は新車価格や一般的な値引き相場などを確認してから購入を検討されて下さい。